東京 質屋の歴史

日本では鎌倉時代がその始まりのようです。

これが東京 質屋の現状

東京 質屋の歴史

東京には質屋がたくさんあります。

東京に限らず全国各地に質屋はたくさん見られます。

特に駅前など、人通りが多いところに質屋はよくあります。
【関連URL】http://bereavejewelry.com/

では、質屋を利用する前に、質屋の歴史について簡単に勉強しておきましょう。

質屋は、萬商業の中でも最も古いものの一つと言われ、その起源は人類が貝殻等を通貨として使用していた頃にまでさかのぼります。

日本の場合、質屋そのものが定着してきたのは鎌倉時代、今から700年ほど前になります。

この時代は貨幣経済が普及してきたころです。

そのころの質屋のシステムは、物々交換、もしくは貨幣への換金であったようです。

その後、質屋に品物を預けてお金を借り、返済期限が切れたら品物は質流れ品となり、それが売られるというシステムに変わっていきました。

そのシステムが完全に確立したのは江戸時代中期、元禄時代です。

当時、質屋のイメージはあまりよくなかったので、昭和初期には、「一六(いちろく)銀行」と呼ばれていた時期もあったようです。

今の質屋は、昔ながらの形態、お金を借りるために品物を預けるというシステムのお店は少なく、リサイクルショップ的がスタイルで営業されるお店がほとんどです。


Copyright (C) www.bakulife.net. All Rights Reserved.

これが東京 質屋の現状